歯ぎしりしている人におすすめ!マウスピースのメリット・デメリット

生活

夜間の歯ぎしり・食いしばりに悩んでいて、どうしたら良いのか困っている…。

そんな人におすすめなのが、ナイトガードとも呼ばれるマウスピースです。

わたしも歯ぎしりに悩んで色んな方法を試してきましたが、

やはり歯医者で作ってもらうマウスピースが一番おすすめです。

わたしの経験があなたの役に立てば嬉しいです。

  1. 歯ぎしりしていることに気付いた理由
  2. Amazonで購入した手作りマウスピース
  3. 歯医者でマウスピースを制作
  4. まとめ

歯ぎしりしていることに気付いた理由

「寝ているとき、すごい歯ぎしりしてたよ」

友人との旅行中、その一言が歯ぎしりに気付くきっかけでした。

一人暮らしのわたしは、夜間に歯ぎしりしてても自分では気が付かないものです。

歯ぎしりしていると指摘されてからは、いつも以上に歯が気になるようになり

実際に自分の歯をじっくりと見てみると、歯ぎしりによって削れている痕が…。

最初気付いた時にはショックでした。

すぐにインターネットで「歯ぎしり 原因 対策」と検索。

まず原因として考えられるのが、ストレスの無意識的な解消。

そして最悪の場合、放置しておくと歯が欠けたり、歯周疾患になる可能性があるとのことだった。

対策としては、まずはストレスを軽減すること。

けれでも、わたし自身ではストレスをそれほど感じているわけではなかったし、どうすれば良いのか悩みました。

その他の対策として、マウスピースが書かれていました。

Amazonで購入した手作りのマウスピース

もうマウスピースを買うしかないと思ってはみたものの、

どうやって作れば良いのかわからず。

調べてみると、自分で作れる商品があるとのこと。

Amazonで探してみるといろんなマウスピースが

評価の良さげな約1000円のマウスピースを購入し、さっそく作ってみました。

でも、これがなかなか難しいんですよね。

お湯に入れてプラスチックを柔らかくした後、実際に噛んで歯の型を作るのですが

結構サイズが大きく、寝るときに違和感しか感じませんでした。

これでは、逆にストレスを感じてしまうぐらい。

歯医者でマウスピースを制作

最初から歯医者で作れるのは知ってはいたものの、お金がかかるのがネックでした。

でも、このままでは歯に影響が出てしまうと考え、歯医者に行くことに。

「歯ぎしりが気になるので、マウスピースを作ってもらえますか?」

歯医者で作ってもらえるか少し不安だったのですが、すぐに了承されました。

わたしの行っている歯医者では、歯の型を取った後、一週間ほどで出来上がりました。

価格は、保険適用で約5000円ほど。

実際に使ってみると、今までの市販のものと比べてコンパクトで違和感が少ない。

市販のものは、厚く大きいためかつけるとアヒルのような口になっていたのですが、

歯医者で作ったものはそんなことなく、上手く口を閉じることができます。

現在を毎日マウスピースを付けて寝ていますが、少し困ることも…

まず、手入れが少し面倒です。

自分は使ったあと、手洗い洗剤で歯ブラシを使って掃除しています。

マウスピースって、凸凹が多くて上手く洗うのが大変なんですよね。

水洗いだけだと少し不衛生な気もするし。

あとは、友人と旅行に行った時ですかね。

マウスピースをつけてる姿って結構恥ずかしいんですよね。

わたしは、みんなが電気を消した後こっそりと装着しています。笑

まとめ

マウスピースをつけるのって、最初は面倒でしたが

毎日やってると習慣となりました。

現在、歯ぎしりや食いしばりに悩んでいたらぜひ歯医者でマウスピースを作ってみてください。

歯はあなたの大切な財産です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました