【獣医学生必見】学生時代にやるべきだった勉強とは

獣医

あなたも、やりたいと思ってる勉強が心の中にありますよね?

わたしは社会人になって後悔していることがあります。

それは、6年間の貴重な学生生活をもっと有意義に使えばよかったということ。

どんなことに時間を使えば良かったか。

今働いていて思うのは、英語学習と論文検索だ。

英語学習

獣医の英語力は?

正直言って、一部の人を除いて大したことないと思います・・・

大学受験であれほど勉強した英語も、大学に入ってからはほとんど学ぶことなく

英語力のピークは大学受験時代との声も多数

でもそれでは困ることが・・・

それが卒業論文!

これが厄介で、卒業論文制作には過去に書かれた論文を読まなければならず

そのほとんどが英語で書かれたもの

最初に私が論文制作に取り掛かったときには、単語検索の嵐でgoogle翻訳に頼ることも・・・

あれだけ覚えていた単語もほぼ覚えていない状況

これでは困ります。

大学受験にあれだけ勉強した英語力を無駄にしないためにも

これを見ている獣医学生は今すぐ英語学習を始めてください!

昔使ってた単語帳を毎日少しずつ見るだけでも違うと思います。

論文検索

そして、英語学習とプラスでやるべきなのが論文検索。

先ほど言ったように、卒業論文を書く際にも論文は読みますが、

そのほとんどは自分の研究に関わるもの。

それではもったいない。

様々な分野の論文を読むことで、学びの視野が広がると思います。

大学では複数の論文雑誌を購読しており、

その購読雑誌に含まれる論文であれば、基本的に無料で読むことができます。

社会人になると論文検索しても、購読してないために無料で読めない論文も多く、

大学時代いかに恵まれていたか痛感しました。

もちろん、時間が無限にあるわけではないので、読める数は限られると思いますが、

自分が少しでも興味のある分野の論文に関して、Abstractだけでも読んでみてください。

そこで気になったものに関しては、全文読むといったことで良いと思います。

気になったけどすぐには読めないという論文に関しては、ダウンロードするなり、印刷するなりして保存することをお勧めします。

最初は、専門用語も多くなかなか読めないかもしれませんが、慣れてくると

単語や読み方も分かってきて、論文を読む面白さに気付いてくると思います。

ちなみに論文検索にはいろいろなサイトがありますが、私は「Google scholar」を利用しています。

まとめ

これを読んでいるあなたは、まわりの獣医学生に比べても意識が高い人じゃないでしょうか?

ほかのみんなが遊んだりしている中で、あなたが学生のうちに勉強しなきゃと思ったことはすごいことです。

今までやりたいと思っていた英語の勉強を少しでも始めるとか、

興味ある論文のAbstractだけでも読んでみませんか?

まずは小さなことから始めてみてください。

きっと未来が変わってくると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました